最も多い治療

歯科医

歯科で行う最新治療のインプラントは現在増えつつある治療となりますが、歯科では変わらずトラブルの多い治療が存在します。
それが、歯周病治療となります。

歯科では歯周病の治療も多く、そのほとんどは症状が重くなり始めた頃の治療となっています。

歯周病の原因は様々な理由が存在します。
歯ぎしりや虫歯、歯垢が詰まることにより起きるトラブルとなっています。

中でも多いのが、細菌による歯周病です。
歯と歯茎の間に出来た隙間に細菌が入ることで歯周病になるというものです。

歯周病の初期症状は気づきにくいのが特徴となります。
歯茎が炎症を起こし赤くなりますが、痛みがなく、始めは気づきにくいのです。
その症状が悪化していくと、歯茎が膿を持ち始め、口臭もきつくなっていきます。
ひどい場合が、歯の根っこ部分が溶け抜歯しなければならないといった症状です。

細菌は口内に何百種類と存在しています。
ほとんどが普段の歯ブラシなどで除去ことが出来ますが、食事内容により除去することが出来なくなる場合も存在します。
その細菌が歯垢の中に存在し、その歯垢が歯と歯茎の隙間に入って行くことで歯周病を起こしてしまうのです。

歯周病はこういった原因の他にも、様々な原因が存在します。
噛み合わせ、喫煙、ストレス、生活習慣、長期に利用する薬なども理由の一つです。

以前では治すことの出来ない治療としており、不治の病とされていた口内トラブルですが、現在では治療することができるトラブルとなっているのです。

歯を綺麗にする治療

スマイル

歯科で行う治療の中でも、最近利用者の多い治療が存在しています。
それが、審美歯科治療です。

審美歯科とは、歯を白く歯並びを綺麗にする治療となります。
その中にもインプラント治療も存在しています。

審美歯科を受ける方が多いのには理由が存在しています。
現在、歯の美意識が高くなっており、女性のみならず、男性からの利用者も多くなっているのです。
接客業や営業の職業からくるものもありますが、美に対する意識が以前と比べ高くなっているのです。

その審美歯科で行う歯を綺麗にする治療は様々存在しています。
その一つにあるのが、クリーニングです。

クリーニングとは一般的に虫歯を事前に予防する、予防歯科を行う際に行われる治療となっています。
普段のブラッシングでは落とすことのできない細かい歯垢や、歯と歯の隙間の歯垢などの汚れを除去し、歯の着色も除去することができます。
これを定期的に行うことで虫歯を予防することができ、歯を綺麗に保つことができるのです。

その他にも存在しているのが、ホワイトニングです。

ホワイトニングとは、歯を白くするために行われている治療となります。
専用の薬品を歯に塗着し、器具を使用しレーザーなどの光を当てることで歯を白くする治療となっています。

このホワイトニングの治療には、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの2パターンの治療が存在しています。

オフィスホワイトニングとは、歯科で行う上記の治療内容となります。
医師が行うこともあり、効果も1回で実感することができます。
ホームホワイトニングとは、自宅で出来る、マウスピースを使用した治療となります。
医師から指示を受けた薬品をマウスピースに流し込み歯に装着していくことで歯を綺麗にする治療となります。
効果を実感できるのに2週間ほどかかりますが、白さを持続することができるとして多くの方に利用されています。

虫歯を予防する

治療中

歯科で行う虫歯の予防には、予防歯科という治療が存在しています。
その予防歯科治療を受けた際、医師から受ける虫歯予防について教えてもらう場合も存在します。

虫歯の原因には様々な理由が存在しますが、一番の理由が、細菌です。
虫歯になる理由の多くは細菌によるもので、不十分な歯磨きや、食生活によるもので起きてしまいます。
この虫歯に効果があるとされているのが、フッ素です。

フッ素は予防歯科を行う歯科でも使用している成分となります。
フッ素が配合されている歯磨き粉や洗口液は多種に存在しています。
フッ素の効果とは、細菌の繁殖を抑える、初期の虫歯を治癒することができるなどといった効果があります。
このフッ素を取り入れた予防法を定期的に使用することで、虫歯を予防することが出来るのです。

歯科では、歯を綺麗に維持する、審美歯科治療で行うインプラント治療も存在しています。
こういった治療を行うことで虫歯を作らず、きれいな歯を保つことが出来るのです。